ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

【1歳の子連れ海外旅行】中国南方航空レビュー。マニラ→シェムリアップ

こんにちは和佐です。

 

シェムリアップに戻ってきて2週間がたちました。

ワールドカップ期間のため連日寝不足ですが、ちゃんと仕事もしております。

 

今回の記事は搭乗レポートです。

普段はマニラからシェムリアップに向かう時に、セブパシフィック航空にお世話になっています。

理由は直行便だからですw

 

しかし今回は日程上セブパシフィックが運行しておらず、中国南方航空でシェムリアップに行くことになりました。

1歳の子供を連れての海外旅行です。

 

f:id:shinpsonkun:20180703193757p:plain

 

なぜ中国南方航空を選んだのか?

 

それにはいくつか理由がありました。

理由も記事の中で触れますが、中国南方航空は期待以上に良かったのでレビューしていきたいです。

目次

中国南方航空を選んだ理由

f:id:shinpsonkun:20180703195044j:plain

理由は3点あります。(1が優先度高め)

 

1.スカイチームの航空会社

 

2.乗り継ぎ地、広州のラウンジを使ってみたかった

 

3.安い

 

この3つです。

それぞれ説明していきます。

 

1.中国南方航空はスカイチームに所属している

スカイチームには20社の航空会社が加盟している。

 

f:id:shinpsonkun:20180703195827p:plain

個人的によく利用しているのはチャイナエアラインです。

 

関連記事:

www.cambodia-guest-house.com

 

ぼくはデルタアメックスゴールドカードを持っているので、スカイチームでは上級会員(ゴールドメダリオン)の資格を持ってます。

 

最近規約が変わり、2020年からこのクレカを持っていて、なおかつ年間決済150万円以上しないとゴールドメダリオンが維持できなくなります。

それまでは今までとおりスカイチームでは上級会員なので、多くの特典が付いてきます。

 

そのため航空券の購入の優先順位は、基本的にスカイチームから選ぶようにしています。

ということで、マニラ→シェムリアップを運行しているのが中国南方航空のため、こちらを購入しました。

 

2.広州の中国南方航空ラウンジ(明珠ラウンジ)を使ってみたかった

f:id:shinpsonkun:20180703212006j:plain

 

いろんな方のブログを読んでいて、この広州のラウンジがすごく評判良くてチャンスがあれば使ってみたかった。

 

この明珠ラウンジは多くの人が持ってるプライオリティパスでは使えずに、南方航空のビジネスクラス以上のチケット購入者かスカイチームの上級会員のみが使えるラウンジになります。 

 

ラウンジレビューはまた別記事で紹介いたしますね!

 

3.チケットがそこそこ安い

フラッグキャリアの中では中国南方航空はかなり安い航空会社になります。

こちらがチケット代金です。

【マニラ⇄シェムリアップ往復料金】

f:id:shinpsonkun:20180703212921p:plain

 

大人2人と幼児1人で総額£556.60です。

イギリス発行のクレジットカードでの決済のため、ポンド建てになります。

日本円で80,637円。1ポンド=146,08円。

セブパシフィックでマニラ⇄シェムリアップの相場が1人約25,000円なので、やはり若干高いですがフラッグキャリアだと破格の安さかなと思います。

 

以上3点が中国南方航空を選んだ理由です。

 

 

チェックインはビジネスクラスカウンターで

航空会社の上級会員のメリットとして、エコノミークラスのチケットでもビジネスクラスカウンターでのチェックインが可能です。

チケット発券で並ばなくてもいいので、この特典はかなり嬉しいです。

中国南方航空は、マニラのニノイ・アキノ空港ではターミナル1からの出発です。

 

空港へは3時間前に到着し、チェックインカウンターは2時間半前からオープンしました。

この日もエコノミークラスのカウンターは長蛇の列でしたが、ビジネスクラスカウンターでは2番目にチェックインできました。

 

出発前に利用できるマニラのターミナル1のラウンジ

チケットを受け取り出国審査へ。

フライト時間まで、マニラのターミナル1の中国南方航空ラウンジが使えます。

 

これも上級会員の特典。

プライオリティパスがなくても大丈夫で、嫁と子供も一緒に使えます。

f:id:shinpsonkun:20180703214845j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703214926j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703214927j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703214929j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703214931j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703214934j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703214940j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703214937j:plain

 

マニラ空港ではいくつかラウンジ使いましたが、どこも共通するのがフードがそれほど魅力的じゃないのが残念です。

 

中国南方航空搭乗 マニラ→広州

f:id:shinpsonkun:20180703215446j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703215512j:plain

 

青いシートが特徴的です。

座席指定していたけど、当日アップグレードされたのか前方の少し広い席になってました。

他のエコノミー席とカーテンで仕切られていました。

f:id:shinpsonkun:20180703220022j:plain

 

機内エンターテインメントなし

f:id:shinpsonkun:20180703215807j:plain

これは期待していなかったので問題なし。

KindleとSpotifyがあるので。

 

機内食はこんな感じ

f:id:shinpsonkun:20180703220516j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703220517j:plain

 

チケット購入時に機内食を選べて、子供用mealをリクエストしていたけど、伝達不足なのか確認不足なのかわからないけど、つまり用意されていなかったですw

 

広州乗り継ぎ

8:45マニラ発で広州には11:20着。

特に遅れもなく無事に着いた。

f:id:shinpsonkun:20180703221059j:plain

 

乗り継ぎ時間が5時間半あったので広州の明珠ラウンジをゆっくり使えました。

(ラウンジ紹介は別記事で。)

先に言っておくと、明珠ラウンジは最高でした!

f:id:shinpsonkun:20180703221256j:plain

 

中国南方航空搭乗 広州→シェムリアップ

f:id:shinpsonkun:20180703221406j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703221424j:plain

 

エコノミーチケットは長蛇の列ですが、上級会員なのでスカイプライオリティレーンから搭乗できます。

こうしたちょっとしたストレスも軽減されるので最高です。

 

やはり機内エンターテインメントなし&機内食について

広州からの便も同じくTVなしでした。

f:id:shinpsonkun:20180703221720j:plain

 

広州発の便では子供用mealのリクエストが通っていました。

それがこちらです。

f:id:shinpsonkun:20180703221846j:plain

 

大人たちの機内食はこちら。

f:id:shinpsonkun:20180703221919j:plain

f:id:shinpsonkun:20180703221838j:plain

 

ぼくはローカロリー機内食にしてみた。

航空会社のキャビンアテンダントのサービスとしては可もなく不可もなく。

 

席に座ったときに専属(?)の乗務員さんが来て、何でもリクエストあれば言ってくださいね、とお声がけしてもらった。

ゴールドメダリオンのおかげですけどね(笑)。

特にリクエストもなく、機体は3時間半のフライトで無事にシェムリアップ空港へ降り立ちました。

 

 

まとめ

これくらいの短距離のフライトだと、小さい子供にもストレスをかけずに旅行できます。

しかも乗り継ぎ時にラウンジが使えるし、そこでご飯をあげたり、遊んであげたりできる。

もし小さい子供との長距離や中距離の海外旅行であれば、無理に直行便で行かずに乗り継ぎ便で行くのは良い選択肢かもしれませんね。

 

広州の空港自体も店は多くないけど、新しくて清潔で気持ちの良い空間でした。

値段を考えれば中国南方航空はコスパが高いです。

マイルは片道で859マイル貯まってました。

少ない。。 

復路では広州での乗り継ぎ時間がかなりありますが、南方航空はホテルを用意してくれるはずなのでそれも楽しみです!

 

『スカイスキャナー』で航空券を一括比較

 

ぼくの経営するゲストハウスは下記です。

The City Premium Guest House 【シティプレミアムゲストハウス】

お客さんもインターンも募集中です!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村