ZOOM使ってます?

 

ZOOMとはWeb会議ツールの1つで、複数の人が同時に画面を共有してトークできるものでビジネスの場でも非常に活用されています。

 

SkypeやGoogleハングアウトも使われていますが、ぼくの周りはだいたいZoom利用者ばかりです。

 

そしてそのZoomですがCovid-19の影響でリモートワークやオンラインミーティングはもちろん、今は外出自粛や禁止されtりうためオンライン飲み会なるものまでZoomを使ってやっている人が最近多いです。

 

Zoomのメリット

 

Zoomのメリットは高品質のビデオ出力や音声出力に対応しており、会議に参加するときも主催者から告知されるURLをクリックするだけで参加可能です。(事前のアカウント登録は必要)

 

動作の安定性も好まれている要因です。

 

実際使っていても途切れたりもしないしストレスがないです。

 

共有機能がイカしていて、また写真や画面の共有、ホワイトボードの共有なども簡単です。

 

それが端末を選ばずにパソコンだけではなく、スマホやタブレットでも可能になっているのが素晴らしいです。

 

録音や録画機能もボタン一発で出来るユーザビリティに優しい設計になっています。

 

Zoomに加えてほしい機能

とても便利なのですが、このZoomに1つアイデアを希望したいです。

 

遊びココロというか、個人的にこれがあったら嬉しいし、参加者も楽しいなと思うアイデアです。

 

それが参加者の人にカーソルを合わせると浮かび上がってくる情報の追加です。

 

  • 職種
  • 趣味
  • 好きな言葉
  • こんな人と繋がりたい

 

パパッと書いただけですが、例えば参加者にこういった情報がWeb上に浮かび上がるとその人がどんな人で、どういった考えの人かすぐにわかる。

 

最近聴いている音楽とか、好きなタイプとかなんでも良いのですが、こういった情報があると特にオンライン飲み会などでは楽しくなると思う。

 

一々自己紹介もする手間が省けるし、自分が載せる一次情報でその人となりをわかってもらえる。

 

ビジネスに特化するなら、「⚪️⚪️のスキルを持った人と知り合いたい」と情報を載せておけば繋がる確率も上がる。

 

別にZoomに機能を追加しなくても、後発でのWeb会議ツールとして誰かが作ってみても良いのではないでしょうか。

 

という、提案でしたww

 

【まとめ】ZOOMプラスしたいアイデア

Covid-19の影響は計り知れなくて、社会を大きく変容させるターニングポイントになるかもしれない。

 

でもそういう時こそ新しい価値観とアイデアで時代を走る起業家が出てくるのは必然だと思う。

 

人とオフラインではなくオンラインで仕事をすすめることで、そこにはメリットが多く生まれるかもしれない。

 

オンラインで影響力を増す人はSNSだけであったが、次はビジネスシーンで求められる理想像をいち早くキャッチアップし、スピーチ力を磨く人が出てくるかもしれない。

 

スピーチ力と場を回す空気を読める調整力のある人が今後重要になってくるかもしれない。

 

日本だと会議に黙って参加するだけでも今までは良しとされてきた。

 

しかしWeb会議だと目を360度回さなくても参加者の挙動がわかるため、その良しとされているのが良しとされなくなるはず。

 

リアルな対面スキルとオフラインの対面スキルはまた違ったものがるかもしれない。

 

それから話は変わるが流行っている(きている)サービスは、一度早めに経験しておくのをオススメします。

 

とりあえず、誰かプログラミングが出来てサービスを世に出せる得意な人、検討をよろしくお願いします!

 

created by Rinker
¥1,336 (2020/09/24 02:58:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事