マレーシアのクアラルンプールにあるマリオット系列のマジェスティックホテルクアラルンプール

ここって実はスイートルームにアップグレードされる確率が相当高いです。

なぜなら一番安価なデラックスルームの次のカテゴリーがスイートルームなのです。

 

マリオットの上級会員(ゴールドメンバー以上)の方でスイートルームに宿泊してみたいという方は、ぜひこちらのマジェスティックホテルを予約してみてほしいです。

高確率でスイートへアップグレードされるはずです。

 

そしてホテルのデザイン自体も大変素晴らしいです。

オートグラフコレクションにカテゴライズされるこちらのホテルでは、いつもと違うユニークなホテルライフが送れるのでオススメします!

 

ではレビューにいってみましょう。

f:id:shinpsonkun:20181216161758j:plain

 

マジェスティックホテルクアラルンプール

f:id:shinpsonkun:20181216163029p:plain
画像参照:マリオット公式ウェブサイト

マリオット公式ウェブサイトはこちら→https://www.marriott.com/

よく見られるマリオットのホテルとは一味違う外観。

それがオートグラフコレクションの最大の特徴です。

マジェスティックホテルクアラルンプールのロケーション

歩いてどこでもすぐに出かけられるか?と言えばそうでもないですが、ホテルからKLセントラルやミッドバレーへのシャトルバスが頻繁に出ています。

f:id:shinpsonkun:20181216163433j:plain
無料シャトルバス
f:id:shinpsonkun:20181216164114j:plain
シャトルバスのタイムテーブル

Googleマップはこちら。

パッと見は駅にも近いですが、車の交通量が多いので無理せずシャトルバスの利用をオススメします。

マジェスティックホテルクアラルンプールでチェックイン

1階のロビーでチェックインしました。

写真は撮ってないですが、このホテルのフロントスタッフ以外にはユニークなユニフォームがあります。

f:id:shinpsonkun:20181216164421j:plain

フロントスタッフとは別のスタッフの写真を撮っておけば良かった。。

無理やり言語化すると冒険家みたいなユニフォームです。

マジェスティックホテルKLでアップグレードは?

マジェスティックホテルの部屋のカテゴリーの一覧はこちらになります。

f:id:shinpsonkun:20181216165315p:plain

f:id:shinpsonkun:20181216165330p:plain

f:id:shinpsonkun:20181216165336p:plain

f:id:shinpsonkun:20181216165333p:plain

料金は時期によって変わりますが、ぼくが予約した時はデラックスルームで約1万円弱でした。
そしてチェックインの時にアップグレードされたことを伝えられ、案内されたのが3つカテゴリーが上のGrand Suiteです。

料金を比較すると約倍の開きがあります!

プレミアムプラチナエリートのおかげとは言え、やっぱり嬉しい特典です。

 

マジェスティックホテルのGrand Suite Roomの紹介

エレベーターを降り、部屋に向かいます。

f:id:shinpsonkun:20181216173213j:plain
廊下
f:id:shinpsonkun:20181216173741j:plain
部屋は709

では入室します。この瞬間が楽しみで一番ドキドキする。

f:id:shinpsonkun:20181216174223j:plain

Grand Suite以上の部屋はリビングと寝室が分かれています(たぶんw)。

なので部屋に入ってまず目に飛び込むのがソファとデスク。

これだけでも広いです。

そして寝室へ。

f:id:shinpsonkun:20181216181403j:plain
セレブ風な寝室

どうでしょうか、なんだか豪華ですよねー。

落ち着いたデザインですが、ベッドのデザインも独特で一風変わった部屋です。

マジェスティックホテルクアラルンプールのバスルーム

寝室の横がバスルームです。

f:id:shinpsonkun:20181216181646j:plain

f:id:shinpsonkun:20181216181833j:plain
バスタイムでテレビが観れる
f:id:shinpsonkun:20181216181853j:plain
アメニティ

シャワールームとバスタブが独立していて使いやすかった。

マジェスティックホテルクアラルンプールのラウンジ

マリオットプラチナメンバーはラウンジが無料で使えます。

f:id:shinpsonkun:20181216182440j:plain
ラウンジ。狭いので時間帯によっては座れない。
f:id:shinpsonkun:20181216182738j:plain
オーダーして持ってきてもらうスタイル。
f:id:shinpsonkun:20181216182814j:plain
めっちゃ美味しかったエクレア。日本人の口に絶対合う味だった。

ラウンジは今までのマリオット系列のホテルの中で一番狭かった。

でも、でも!!

デザートのレベルは一番高かった!

いつまでもここに居たかった空間でした。

マジェスティックホテルクアラルンプールのプール

泳いでないです。

写真だけどうぞ。

f:id:shinpsonkun:20181216183441j:plain

マジェスティックホテルクアラルンプールの朝食

特別美味しいとはなりませんが、水準以上でした。

会場も広いですし、窓からたくさん光が入り気持ち良く朝食がいただけます。

f:id:shinpsonkun:20181216184826j:plain

f:id:shinpsonkun:20181216185100j:plain

f:id:shinpsonkun:20181216185205j:plain

f:id:shinpsonkun:20181216185145j:plain

f:id:shinpsonkun:20181216185337j:plain

f:id:shinpsonkun:20181216185357j:plain

f:id:shinpsonkun:20181216185424j:plain

 

 

マジェスティックホテルクアラルンプールのまとめ

ここまで書いたのはマジェスティックホテルのほんの一部です。

ぼくが宿泊していて素晴らしいホテルだと感じたことがあります。

それはスタッフのホスピタリティーです。

今までもいろんなホテルでスタッフの接客の素晴らしさには出会ったことがりますが、このマジェスティックホテルはスタッフの素晴らしさに感動さえしました。

 

チェックインから部屋までへの案内に始まり、フロントでラウンジはどこですか?と聞けば一緒に連れて行ってもらい、ラウンジでは一人一人のゲストへの気配りがあり、ホテルを歩いているといつも何か困ったことありませんか?と聞いてくれる。

数多くのホテルに宿泊したけど、このマジェスティックホテルが今までのNo.1です。

 

クアラルンプールに来ることがあれば、絶対にリピートしたいと思わせてくれました。

それでいて宿泊料金は1万円と破格の安さです。

もう何も言うことはありません。

最高オブ最高です。

もしクアラルンプールでホテルを探していらっしゃったら、このマジェスティックホテルを第一候補としてほしいです。

 

日本人スタッフも1人いましたよ。

f:id:shinpsonkun:20181216185609j:plain

1日だけの滞在でしたが、マジェスティックホテルの皆様大変お世話になりました。

そして素晴らしいおもてなしで感動しましたし最高の思い出が出来ました!

マジェスティックホテルクアラルンプールの料金はこちら

 

SPGアメックスのご紹介をいたします。

紹介からの入会の方が6,000ポイント多くもらえます。

紹介ご希望の方はLINEかメールに「SPGアメックス紹介希望」と書いて送ってください。

メールアドレス

tunagu@hotmail.com

LINE ID

shingo.mao

SPGアメックスカードの特典

  • 入会と同時にゴールドメンバー
  • 部屋のアップグレード
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト(14時まで) etc...

紹介でもらえる36,000ポイントがあれば、クアラルンプールのカテゴリー2のホテルならほぼ3泊できます!

カテゴリー2ならルネッサンスマリオットがおすすめ。

関連記事:

www.cambodia-guest-house.com

www.cambodia-guest-house.com

www.cambodia-guest-house.com

www.cambodia-guest-house.com

スカイスキャナーでクアラルンプールまでの航空券比較検索

ことりっぷ 海外版 クアラルンプール マレーシア (ことりっぷ海外版)

ことりっぷ 海外版 クアラルンプール マレーシア (ことりっぷ海外版)

  • 作者: 昭文社旅行ガイドブック編集部
  • 出版社/メーカー: 昭文社
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

ぼくの経営するゲストハウスは下記です。

The City Premium Guest House 【シティプレミアムゲストハウス】

お客さんもインターンも募集中です!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事