ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

カンボジア(シェムリアップ)⇄タイ(バンコク)バス移動 陸路超え

こんにちは。

カンボジアのシェムリアップでゲストハウスhttp://city-gh.comを経営しています。

 

今回のエントリーはカンボジアからタイへの陸路超えの情報になります。

 

まずシェムリアップでは朝9時のバスの乗った。

出発時間は8時、9時の2本。

バス会社は多様にありますが、もっとも評判の良いナッタカーンという会社のバスにした。

f:id:shinpsonkun:20160111165838j:plain

こんなバスです。

他のバス会社では、国境からミニバンに乗り換えるので、そのミニバンを待つために時間がかかったり、入国時にややこしい手続きがあったり、と悪い噂を聞いていたので、こちらのバス会社を使った。

カンボジア→タイのバス料金は28$

タイ→カンボジアのバス料金は750B

車内は日本の大型バスとほぼ同じ。

f:id:shinpsonkun:20160111170643j:plain

なかなか快適。

そして途中に軽食が出る。

f:id:shinpsonkun:20160111170909j:plain

ほんとの軽食!ww

道はかなり舗装されており、快適にバスは進む。

車窓からの眺めは日本の田舎そのもの。

特にトラブルもなく国境の町ポイペトに到着。

シェムリアップから3時間ほど。

一旦荷物とともにバスを降りて、カンボジア側で出国手続きをする。

その後、歩いてタイ側にて入国手続き。

この建物を目指しましょう。

f:id:shinpsonkun:20160111171605j:plain

と、その前にInformationがあり、タイへの出入国カードをもらう。

f:id:shinpsonkun:20160111172300j:plain

こんなカード。

タイ入国前に記入しておきましょう。

入国手続きが済んだら、いよいよ徒歩でタイ側へ。まっすぐ進むだけなので迷う心配なしです。

f:id:shinpsonkun:20160111174649j:plain

どんどん進みましょう。

バスを降りる前に首から下げるバス会社のホルダーを渡されるので、迷ったらそれを見せればどこに行くべきか教えてもらえます。

国境を越えたらタイの町アヤンプラテート。

少し進んだ先を左に曲がると目的のバスが停車しています。

f:id:shinpsonkun:20160111175828j:plain

さきほど降りたバスに再度乗り、乗客が揃ったところでバンコクに向けて出発です。

バンコクの北バスターミナルに夕方5時頃到着。

北バスターミナルでは帰りのカンボジア行きのチケットも購入可能です。

バスターミナルからはタクシーかバイタクで最寄りのBTSモーチット駅へ。

そこからご自身のホテルに向かいましょう。 

今回はカンボジア側からの情報ですが、旅人のほとんどはタイ側からの国境超えになるかと思います。

タイでは国営トランスポート社という会社のバスです。

こちらのバスはとても人気で前日や当日では売り切れていることが多いです。

わざわざ北バスターミナルに行かなくとも、インターネットで購入できるので、予定が決まり次第下記ウェブサイトより購入するのを強くオススメします。

http://www.thaiticketmajor.com/bus/ttmbus/index.php

クリックするとRoute Topの下にSiemReapが出てきます。

そちらからカンボジアシェムリアップ行きのバスチケットが購入できます。

超簡単な登録手続きだけしてください。

e-ticketがメルアドに送られてきますので、北バスターミナルにてチケット交換になります。

>>バンコクやシェムリアップのホテル探しはこちらから<<

感想

カンボジアからタイ(または逆)、飛行機の値段と比べたら4分の1でバスで移動できます。(もっと安いバス会社もあり、さらに節約が可能)

ただ移動にほぼ1日費やすので、短期旅行には向きません。長中期の旅だと良いと思います。

移動時間も8時間とけっこう大変ですが、東南アジアの田舎の風景を楽しみたいとか、ちょっと苦労した旅をしたい、という人にオススメです。

バスでがっつり寝たい人は首が痛くならないように、こちらのトラベルネックピローを日本から持参しましょう。(飛行機でも使えますからね)

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村