読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

ぼくの英語との出会い その1

ひとりごと ビジネスマインド 日本での日常

ぼくの英語との出会いはぼくが26歳の時です。

もちろん中学校時代から英語の授業はあったんだけど、ほぼ勉強していなかったし、衝撃的な出会いという意味ではとにかく26歳の時なんです。

 

ぼくは大学を卒業し、企業に入社し、毎日普通に働いていた。

朝から夜まで。

仕事に慣れるうちはノートとペンを片手に、仕事に慣れてからは惰性の連続で毎日を過ごしていた。

特に楽しくもない仕事を。

仕事を選ぶ基準がまったくわかっておらず、いくつか合格通知をもらったうちの1つにそれほど他社と比較せずに入社しただけだった。

当時なんてそんなもの。

自分のことが自分が一番わかっていると思っていたけど、今から考えると何もわかってないし、わかろうとも自問さえしない人間だった。

そりゃやりたい事なんて見つかるはずもなく、社会人になってからの毎日は暗黒の歴史でしかない。大げさじゃなく。

 

ぼくは入社してから約3年働いていた。

そして3年目を迎える数ヶ月前からぼくは仕事を辞める決断をしていた。

自分の道に納得いっていなかったから。

自分の周りの人が同じような考えで同じような遊びをし、同じような話しかしていなかったことに気づいていた。

そのとき読んだ大前研一さんの本も影響したのかもしれない。

彼はこういった。

 

人間が変わる方法は3つしかない。

1つ目は時間配分を変えること。

2つ目は住む場所を変えること。

3つ目は付き合う人を変えること。

 

 

ぼくは全てを変える決断をした。

簡単に言うと日本を離れ、イギリスに行った。