先月インドネシアのギリトラワンガン島に行ってきた。

その理由がホテルオンバクサンセットに宿泊するため。

旅行記はこちら。

遂にギリトラワンガン島到着。ただし、トラップあり。2017年2/7~2/9 - ノースキルでカンボジアで起業!

たった1日のギリトラワンガン島。2017年2/7~2/9 - ノースキルでカンボジアで起業!

このホテルオンバクサンセットの目の前のビーチにある海上ブランコでちょうフォトジェニックな写真を撮るためだけに行った。

結果は大失敗だけどホテルが言葉にする以上に素晴らしかったのでレビューしてみたい。

フォトジェニックな写真が撮れなかった最大の理由がシーズン。

雨季も雨季、しかも風が強く波が高い。そのため思い描いていた写真が撮れなかった。

こちらは乾季に再チャレンジすることに決めている。

ホテルオンバクサンセット

インドネシアのギリトラワンガン島にあるホテル。

ギリトラワンガン島とは

ギリ・トラワンガン (Gili Trawangan) ロンボク島北西部沖にあるギリ三島のうち、最も西に位置する小島。

見事なサンゴ礁を間近に楽しめることで、欧米のバックパッカー等に注目され観光地となった。サンゴは浅瀬にまで広がっており、深く潜らなくても水中メガネ一つで鑑賞できるほどである。

宿泊設備は、1990年代までバンガローが数件ある程度で、電気もなく夕方になると灯油ランプが配られるいわば「ランプの宿」でその簡素さが旅情を誘うものだったが、近年では自家発電施設や日本食レストランまで備えたホテルが建築されている。その大規模な開発に際して発生した土砂が海に流出し、重要な観光資源であるサンゴ礁にダメージを与えたことは皮肉である。

島は徒歩1時間程度で周回できる。南部に小高い丘があり、頂上部にゴア・ジュパン (Goa Jepang)「日本の洞窟」と呼ばれる旧日本軍の砲台跡がある。第二次大戦中、大型船航路として重要なロンボク海峡を監視していた一拠点でもあった。

 wikipediaから

ここにあるホテル。なぜこのホテルが有名になったのか?

それはホテル前のビーチにある海上ブランコが旅人を惹きつけたから。

ぼくもインスタグラムで偶然ここの写真を見て秒で行くぜ、と航空券を予約したほど。

普段観光に興味ないけど、フォトジェニックな場所には目がない。

なんてフォトジェニックなんだ。

 

この海上ブランコで一気に有名になったみたい。

ホテルオンバクサンセット行き方

行き方は2通りあって、

1つ目がバリ島東部のパタンバイ港高速ボートでギリトラワンガン島まで行く方法。

クタから車でパタンバイ港まで1.5時間、そこから高速ボートで同じく1.5時間かかる。バリ島滞在してからギリトラワンガン島に行くなら合計3時間くらいかかる。

2つ目がロンボク島からボートでギリトラワンガン島に行く方法。

ロンボク島から20分ほど。でもロンボク島の空港からギリトラワンガン島に行く港まで2時間くらいと遠い。

ロンボク島にも滞在するならこっちでもいいけど、ギリトラワンガン島だけ行きたいなら、バリ島高速ボートで行きましょう。絶対こちらが楽。

ギリトラワンガン島に着いたら馬車でホテルオンバクサンセットへ。

料金は150,000ルピア(1,200円くらい)です。

時間は15分。歩くと遠いというか荷物持っての移動は絶望的ですので馬車を利用しましょう。

ホテルオンバクサンセットは極上のリゾートホテル

4つ星が付いたリゾートホテル。

f:id:shinpsonkun:20170323223150j:plain

f:id:shinpsonkun:20170323223113j:plain

プールも広く清潔。

f:id:shinpsonkun:20170323223309j:plain

クラシカルなデザインで落ち着いたインテリア。

f:id:shinpsonkun:20170323223546j:plain

びっくりしたのがシャワー・トイレが外にある。

部屋の裏側に設置されていてこれは初体験だった。

壁が高いから他の人に見られることはないので安心を。

f:id:shinpsonkun:20170323223711j:plain

アメニティもオリジナルの陶器に入れられていてさりげないこだわりを感じる。

ホテルオンバクサンセットのレストラン・スパ

ディナーはホテルにあるレストランで食べた。

2組しかいなかったけど、生ギター演奏されていて良い雰囲気で楽しかった。

f:id:shinpsonkun:20170323224026j:plain

f:id:shinpsonkun:20170323224101j:plain

うん、美味しかったです!

スパは2時間で4,000円弱。もちろんとても気持ち良かった。

日本だと2時間コースで2万円くらいするよね。

ホテルオンバクサンセットのスタッフの素晴らしさ

今まで宿泊したどんなホテルよりもホスピタリティーに溢れていたのがこのホテルオンバクサンセットだった。

口コミ見てもほとんどの人が絶賛している。

気持ちの良い接客、オープンマインド、温かい笑顔。

フレンドリーでプロフェッショナル。

f:id:shinpsonkun:20170323224447j:plain

ここで働けるならどこのホテルでも働ける。

そう思える素晴らしい人材ばかりだった。

ホテルオンバクサンセット周辺で撮った写真・・・

f:id:shinpsonkun:20170323224609j:plain

なんじゃこりゃー!

大荒れの海。夕焼けも雲に隠れて全く見えない。

2泊の予定が初日に波が高くボートが運休したため到着できずに1泊だけの滞在で、この日しかチャンスがなかった。

そして神様はぼくを見放した。

ホテルオンバクサンセット1泊の料金は?

1部屋8,000円〜60,000円です。

ぼくの宿泊した部屋は1泊13,000円。

60,000円の部屋はスイートになる。特別な人と特別な日にどうぞ。

コストパフォーマンスからしたらかなり安いです。

ギリトラワンガン島には安宿ももちろんありますよ。

ホテルオンバクサンセットまとめ

インドネシアのリゾートといえば真っ先にバリ島があげられるけど、バリ島よりはるかに素晴らしいのがギリ島です。

ギリ島は3つの小さな島から成り立っていて、その中でももっとも観光客招致に成功しているのがトラワンガン島。島は多くのカフェやレストランがあって便利だけど、もっと静かに過ごしたいなら他の島でもいいと思う。

ぼくは海上ブランコに行きたいからここを選んだ。

フォトジェニックな場所を探している人は最高のシーズンのときにぜひぜひ行ってみてください!

ぼくは絶対の絶対再チャレンジします!

ホテルオンバクサンセットの予約はこちらから。 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事