ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

圧倒的な清潔感と居心地の良さ。クアラルンプールおすすめホステル「The Bed KLCC」宿泊レビュー。

クアラルンプール ホステル

マレーシアのホステル紹介の記事になります。

 

クアラルンプールって世界でも有数の高級ホテルがコスパ良く宿泊できます。

5つ星ホテルで1万円台は世界を見渡してもなかなかない。

じゃあバックパッカーが泊まるような宿はどうなの?ってことですが、500円以下でももちろん探せます。

しかし他の都市、例えばバンコクやチェンマイ、ホーチミン、シェムリアップなどのバックパッカー向けの都市と比較するとあまり良い(もしくは楽しそうな)ホステルやゲストハウスって以前は少ないです。

以前と書いたのは最近ようやく”これは!”と思う宿がぽつぽつ出てきてます。

そんな1つである「The Bed KLCC」に宿泊してきたので早速レビューします。

 

目次

The Bed KLCC

f:id:shinpsonkun:20190511003125j:plain

The Bed KLCCの外観

こちらがThe Bed KLCCになります。

もともとのビルに特徴があり、円柱のビルの中にホステルが作られています。

 

The Bed KLCCへの行き方

最寄り駅はBukit Nanasになります。

もし空港からKLセントラルに行くとBukit Nanasに行くのはちょっと大変。

KLモノレールだと遠回りになるので大きな荷物を抱えての移動はストレスになります。

まあ一番は空港やKLセントラル駅からGrab使うのがベストです。

 

チェックイン

デポジットが50RM(1,317円)必要です。

50RM払うとデポジットを払いましたという領収書をくれるので大切に保管しましょう。

チェックアウト時にデポジットは返ってきます。

そのあとホテルの説明があり、部屋のカードキーとともにバスタオル、歯ブラシをもらいます。

カードキー

 

いざ部屋へ

こちらのホステルにはドミトリーが2タイプ、そして個室があります。

ドミトリーはフロントエントリーとサイドエントリーがあり、おすすめはサイドエントリー。

サイドエントリー



フロントエントリー


なぜなら入りやすそうだからw

小さいけど収納可能なPCデスク

ベッド周りに関しては、コンセントが足元にあったので、これが枕元にあればパーフェクトだったかな。

部屋は大きくて、スーツケースを広げるスペースは十分です。

 

それと部屋の前にシューズボックスがあり、ホテル内ではホテルが用意してくれるサンダルを使います。

 

水回り

めっちゃ綺麗です。

1つだけ欠点がありシャワー室には着替えスペースがないです。

その変わりに着替えようの部屋が併設されているので、そこで服を脱いでシャワー室へ行くというちょっと不思議な作りになってました。

シャンプー、ボディソープは備え付けあり。

もちろん男女別ですよー。

The Bed KLCCの予約・詳細はこちらから

共有スペース

このホステルの売りの1つが共有スペースだと思う。

なかなか広くてキッチンもあり、コンセントの数も多くノマド向き。

わざわざカフェを探して行かなくてもホステル内で完結できます。

f:id:shinpsonkun:20190511011401j:plain

f:id:shinpsonkun:20190511011433j:plain

f:id:shinpsonkun:20190511011458j:plain

f:id:shinpsonkun:20190511011532j:plain

f:id:shinpsonkun:20190511011601j:plain

 

プールとジムは別料金だけど利用可能

エレベーター内に張り紙があり10RM(260円ほど)支払えばジムとプールは使えます。

ジム・プール使い方は受付で聞いてみましょう

別料金だからホテル専用じゃないでしょうね。

 

ホステル周辺

数多くレストランがあるエリアではないですが、繁華街のブキビンタンや屋台で有名なジャランアローまでは徒歩圏内です。

ちょっと遠いけど(笑)、歩いて12分程度でした。

 

気になる料金は?

自分が宿泊したときは1泊54RM(1,420円ほど)でした。

クアラルンプールのドミトリーだと若干高いです。

でこれだけ清潔で快適、立地もなかなか良くとなれば納得できます。

自信を持っておすすめできるホステルです。

The Bed KLCCの予約・詳細はこちらから

まとめ

価格、設備、立地を考えての総合評価ですが、かなり素晴らしいホステルだと思います。

特に欠点らしい欠点はないですし、どれも高レベルです。

クアラルンプールに来るバックパッカーさんはThe Bed KLCCをぜひ検討してみてください。

The Bed KLCCの予約・詳細はこちらから

 

クアラルンプールって観光向きの都市じゃないけど、ホテルでゆっくり過ごしたり、多国籍なご飯を楽しんだりできる都市です。

 

あとは日本人にはビザなしで3ヶ月滞在できるように、長期滞在したいノマド向きでもあります。

実際多くのコワーキングスペースがあり、そこで探せばビジネスパートナーが見つかったりするそうです。

そんな声に応えてコワーキングスペースが検索できるウェブサイトもあります。

Malaysia Coworking Spaces

ノマドしている人やしたい人には、ビザの関係でバンコクよりクアラルンプールが良いかもそれません。

そういう人向けの都市のような気がします。

 

長期になればホステルやゲストハウスよりAirbnbがおすすめです。

マレーシアはAirbnbが豊富で、多くがコンドミニアムを貸し出しています。

個室で1泊1,000円台からあり、ジム・プールが完備されていることが多いです。

Airbnbだとこちらからの予約で初回旅行が¥ 4,688OFFになるチャンス!

 

さあ、あなたも「世界一住みたい国」で幸せに暮らす計画を立ててみよう!

関連記事:

↓こちらのホステルも良かったです。レゲエマンションホステル↓

www.cambodia-guest-house.com

 

ぼくの経営するゲストハウスは下記です。

The City Premium Guest House 【シティプレミアムゲストハウス】

お客さんもインターンも募集中です!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村