ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たないまま、カンボジアでゲストハウス「The City Premium Guest House」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

シェムリアップのゲストハウス「高知家」譲渡依頼の件

ゲストハウス ビジネスセール

この写真は高知家ではありません

こんにちは。

久しぶりのカンボジア情報です!

 

海外でホテル・ゲストハウスをやってみたい人必読です。

ぼくがゲストハウスを運営している街で、日本人にも人気の宿「高知家」が売りに出されています。

ここに宿泊された方も多いのではないでしょうか。

2015年にオープンして現在人気の宿になっています。

もしカンボジアで宿経営に興味のある方は、「高知家」の担当の者に繋げますのでご連絡ください。

 

一応どんな物件なのかご紹介しておきますね。

目次

ブティックドミトリー高知家

参照:Agoda

個室とドミトリーがミックスされたゲストハウスです。

オープンされたのが比較的新しいので、建物は全体的に綺麗に保たれています。
 

高知家の収容人数

個室4部屋、ドミトリー5室(76ベッド)になります。

76人マックスなので小さくもなく、大きくもない、宿を個人経営するにはピッタリの規模です。

プライベートタイプのドミトリー

こちらもドミトリー

 

譲渡条件

こちらはビジネスセール権の買取になります。

日本円で500万円(要相談)となり、それとは別に毎月の家賃が必要です。

リノベーション済みのため備品もすべてビジネスセール価格に含まれています。

共有スペース

高知家のロケーション

立地はめちゃくちゃ良いですよ。

シェムリアップ中心地まで500メートル、徒歩5分程、旅行者向けのゲストハウスの多いエリアです。

ナイトマーケットやパブストリートもすぐです。(羨ましい!!)

OTAからの予約だけじゃなく、ウォークインも多いので宿経営にとっては集客も難しくはありません。

 

家賃と注意点

物件の大家との契約期間が2022年12月頃までとなりそれほど長くないです。

終了前に契約更新はご自身で行っていただきます。

今の月額家賃は$1,650で契約延長時にそのままの家賃か多少のベースアップがあるかもしれません。

 

その他の注意点

・居抜きでのビジネス権販売となります。

・賃貸終了後の原状復帰費用に関しては、購入者が負担 高知家の名義はそのまま利用可能。

・ウェブサイト、ドメイン名に関しては、そのまま使用可能。

・その後のドメイン使用料、サーバー移管などは別途必要。

・スタッフに関しては、そのまま継続可能(本人の意思に沿う)。

・事業主変更、各種登記変更に関しての費用は購入者が負担する($500~$2000程)。

・物件オーナーは2人いるため、両方の契約時期は若干異なり、契約も異なるので確認が必要。

 

まとめ

いかかでしょうか。

競合となりうる物件を紹介してみました(笑)。

PLも見せてもらいましたが、赤字経営ではなくちゃんと利益出ているので安心してください。

もし本気で興味ある方のみご連絡くださいね。

tunagu@hotmail.com  (ブログ執筆者和佐のメールアドレス)

個人で海外ビジネスの取っ掛かりとしては面白い物件です。

そもそもすでに名前も知られていますし、0から立ち上げよりは成功の可能性も大きいです。

 

ぼくの経営するゲストハウスは下記です。

The City Premium Guest House 【シティプレミアムゲストハウス】

お客さんもインターンも募集中です!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村