ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

クアラルンプールでみんなが行く観光スポット、バトゥ洞窟へ。

クアラルンプールで旅行中みんな何するんだろう。

そんな疑問を持つ都市の1つ。

ツインタワーは綺麗。食事は美味しい。で?

クアラルンプールをDisるわけじゃないけれど、住むには良い、でも観光には向かない。まあ完全に主観だけど。

楽しくない街じゃないんだけどなぁ。でもワクワクしない。

 

そんなクアラルンプールで行った場所がバトゥ洞窟。

もともと観光派じゃないけれど、せっかくだからという理由で出かけた。

ルネッサンスクアラルンプールホテルではレイトチェックアウトをリクエストしていたので、チェックアウトの時間は16時。

ゆっくり朝食をいただき、ホテルに毎度お馴染みUberを呼び、20分ほどかけてバトゥ洞窟へ。

バトゥ洞窟とはマレーシア随一のヒンドゥー教の聖地。

クアラルンプール市内からのアクセスも良く、電車やタクシーで簡単に来れる。

パワースポットとしても有名なので、クアラルンプール滞在するならぜひ訪れたい場所。 

 

タクシーを降りると目に飛び込んでくるのがこの景色。

 

f:id:shinpsonkun:20170330224023j:plain

めっちゃ大きな像。バトゥ洞窟のシンボルにもなっていて、その高さはなんと42mもある。

「ムルガン神像」と言うらしい。

そしてその奥に見えるのが心臓破りの272段の急勾配の階段。

どれだけ急勾配かというと、この写真をどうぞ。

f:id:shinpsonkun:20170330224346j:plain

伝わりにくい・・・。ごめん。

でも多くの人が途中ではぁはぁ言いながら休むほど辛い階段。

しっかりした足取りで登ってください。

ただし・・・至る所に凶暴な猿がいるので注意。

食べ物や小物なんかを狙って襲ってくる。ほんとに怖いよ。

この階段と猿の強襲をかいくぐると鍾乳洞です。

この時期(2017/2/13)は工事中で見栄えがよくなかったので写真は割愛します。

自分の目で見てください。なかなかの大迫力だから。

個人的にはクアラルンプールで唯一の見どころがこのバトゥ洞窟だと思う。

 

行きはUber、帰りは電車でホテルに戻り、チェックアウトの4時頃に次のホテルへ。

リーズブティックホテルといって、ホステルとホテルの中間的な宿。

個室で1泊3,000円。

ザ リーズ ブティック ホテル (The Reeds Boutique Hotel) - ホテルズドットコム ジャパン | Hotels.com - Japan

こじんまりとして小綺麗なホテルだった。

チェックインをしてからまたまたUberを呼び、世界でこのクアラルンプールにだけあるというスターバックスに向かった。

そのスターバックスとはスタッフのほとんどが聴覚障がいを持っていて、オーダーを手話や指差しで行うお店。

クアラルンプール市内からUberで20分ほど。ちょっと遠いけれど、ここにはどうしても行きたかった。

 

f:id:shinpsonkun:20170330230248j:plain

とても素敵な空間だったので、これについてはまた違うエントリーで書いてみたい。

 

スターバックスで2時間ほど過ごし、ホテルに戻るまえに夕食を軽く食べた。

ホテルへ戻る道を見上げると綺麗な夜景だったのでシャッターを切る。

f:id:shinpsonkun:20170330230544j:plain

遥か先にはツインタワーが見える。

ツインタワーの先には希望が見える。

人生に必要なのは希望であり、それに向かう力。

ぼくはそう信じているし、信じなきゃ楽しめない。

希望に大きさなんて関係なく、あるかないか。

そしてどんな希望かなんて人それぞれ。

言う必要もないし、押し付けられる必要もない。

 

 

それを改めて教えてくれたのが、この日行ったスターバックスだったから。

どんな人にも人生を楽しむ権利がある。

絶対の絶対です。それだけが真理。

 

マレーシアで暮らしたい! マレーシア「ロングステイ」公式ガイドブック

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村