読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

マニラ何度来ても怖い。シェムリアップからマニラへ。

フィリピン 海外旅行 マニラ

こんにちは。

昨日シェムリアップを出国し、フィリピンのマニラに来ました。

シェムリアップ⇆マニラ線はセブパシフィックの1強のため、毎回混雑します。

今回もチェックインカウンターは2つしかなく、長い長い列で体力を消耗しました。

2時間半前に空港に着いたけど、チェックインはきっかり2時間前からスタートし、しかも列の並びに遅れたため50分ほど並びました。

ボーディングパスを受け取り、出国審査を終え(カンボジアで一番嫌いなのが空港職員、街中で愛想の良いカンボジア人なのに空港職員だけは別・・・)Plazaラウンジに着いたのがボーディングタイムの20分前。

ご飯をしっかり食べる余裕もなく、クッキーとドリンクだけでした。

ソフトドリンクが炭酸しかないため、お水を飲んだ。。。炭酸苦手なんです。

ちゃちゃとクッキーを食べて、ネットを繋ぎ(この日は空港内ではネットが繋がらなかった)、連絡事項を確認して搭乗口へ。

定刻より10分ほどの遅れでシェムリアップを飛び立った。

 

マニラのニノイ・アキノ国際空港ターミナル3に到着したのが深夜2時40分。

いつも入国検査はほとんど人が並んでいない。

シェムリアップ⇆マニラ線はフィリピン人がほとんどのため、入国検査は外国人の窓口はいっつも空いている。唯一のメリット。

 

空港で1万円を両替。この日は4,270ペソ。

そして空港を出て右に歩いていくとメータータクシーがある。

深夜のため待ってる乗客もおらず、速攻乗り込んだ。

ホテルはSo Go Hotelへ。

ここは時間割での利用が可能。日本のラブホみたい。

3時半にチェクインをした。一番高いプレミアムの部屋しかないと言われ(ほんまかいな)6時間利用で805ペソを払って部屋へ。

すぐに寝た。

ここの良いところは(悪いところというか不満な点は多いから省略するけど)チェックアウトの30分前に電話をしてくれるところ。

だからアラームもせずに寝られる。

9時半にチェックアウトを済ませて、近くのHop Inn Hotelへ。

このホテルは最近できたと思う。

個室で1泊4,227円。

アーリーチェックインは500ペソ払えば可能みたいです。

シンプルな部屋だけど、新しいため清潔感がある。

インターネットも快適。

フィリピンではインターネット回線が悪いホテルが多いけど、ここは速度も速く満足です。

マニラは相変わらずの雰囲気。

やはり東南アジアでは随一の治安の悪さを実感する。

何度来ていても緊張感がある。

とくにシェムリアップみたいなのんびりした街から来るとなおさらに。

 

明日は日本から友人がやってくる。

買い付けのノウハウが知りたいということで、4日間同行します。

フィリピンは初めて。カンボジアは何度も来ている。

だからこのマニラの雰囲気はビビるだろうなぁ。

初日に帰りたい!って言わなければいいけど。

 

ぼくはマニラについては治安の悪さは認めるけど、それ以上にこのカオスな感じやマーケットの面白さを友人に伝えたい。

急激に発展している街。光と影がある。

 

マニラに渦巻く黒い影に怯えながらもなぜか惹きつけられる。

なんでだろう。

ご飯は美味しくないのに笑

 

あ、そういえばマラテのロビンソンデパートにCoCo壱番屋が出来ていた。

けっこう人が入っていた。

日本の飲食でパワーのある会社にとっては、バンコクとともにマニラはかなり魅力的なマーケットであることは間違いない。

カンボジアよりは遥かにリターンが得られると思う。

駐在員の多さ、フィリピン人の中間層増加。

多くの要因が浮かぶ。

ぜひ挑戦してほしい(上から目線w)。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村