ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

屋台スタートはもうすぐだけど、ぼくの出国は今日です!

今日シェムリアップを出発して、セブパシフィックでフィリピンのマニラへ向かう。

屋台をスタートさせるために動き回ったけど、完全にオープンさせるまでにはいかなかった。

毎日考え、動いていたので頭が疲れた。

今はお気に入りのBIO-LAB CAFEで書いている。

 

屋台の記事はこちら。

海外で屋台始めたいです。2017年今年もよろしくお願いします。From シェムリアップ - ノースキルでカンボジアで起業!

カンボジアで屋台を始めるために。 - ノースキルでカンボジアで起業!

結局時間足りなかった。

ただある程度形はできたので、近々屋台を作って、スタートさせる。

名前と看板はできた。

名前は「FELICE」。フランス語で幸せという意味。

f:id:shinpsonkun:20170122143357j:plain

屋台ビジネスの良いところはイニシャルコストがそこまで必要ないのと、ランニングコストも抑えられる点。

屋台は数人の日本人とカンボジア人で始める。

目標は半年でイニシャルコストを回収する。

うまくいったら2店舗目へ。

今後はカンボジア人自らやりたい人が出てきて、ノウハウを提供できればいい。

屋台の形式(売るもの)は別にこだわってないので、状況や人の嗜好などを考慮しながら変えていってもいい。

 

3週間の中でやったことは(実質2週間)、コンセプトを決め、場所を選定し、人材確保し、屋台のデザイン、機材の購入で終わった。

今月中か2月上旬には屋台を完成させて、スタッフ教育をしてから販売スタートが理想。

 

 

海外起業は楽しいです。

どんな仕事が自分には提供できて、どのようなサービスで人を喜ばせたいか、いくら稼ぎたいか、などを自分で決めていける。

成功か失敗かなんて誰にもわからないけど、そんな想いなんて持っていない。

楽しいからやる。

f:id:shinpsonkun:20170122145747p:plain

f:id:shinpsonkun:20170122145802p:plain

f:id:shinpsonkun:20170122145814p:plain

 

人生で守るものが多くなればなるほど、なかなか自分がやりたいことができない。

頭ではあれやりたい、これやりたい、と思うけど、行動が追いつかない。

何かをやる人が行動力があるわけじゃなく、何かをやらない人も同じく行動力があると思う。

そこに違いなんてない。

動ける人は動けばいい、守るものがあってよく検討した結果動かない、この2つにほんとに大きな違いなんてないです。

 

ただ、人生楽しくないなぁとか辛いなぁと悩んでいるなら相談してください。

ぼくも少しばかり人と違った経験が豊富なので何らかのアドバイスはできます。 

誰だって人生を楽しむ権利はあります。

 

ぼくも問題は山積みだけど、だからと言って生きるの辛いとは思ってないです。

友人と喋ったり、仕事のこと考えたり、写真撮ったり、美味しいもの食べたり、ネットしたり、本読んだり、映画観たり、今日も宇佐美試合出れてないやん、とか言いながら生きてます。

 

前に進めないのが一番辛いです。

先が見えないのが一番不安になります。

 

そうならないように、後悔のないように、いろいろと頑張ってみようと思う。

シェムリアップで日々を過ごしていると仕事を楽しんでいる人が多い。

なんでだろう。縛りが少ないからかな。

人と人というそれ以上でも以下でもない関係性で働いているからかな。 

お客はいばらないし、怒り狂っている人もいない。

穏やかな空気が流れている。

シェムリアップはそれが一番の良さ。

アンコールワットと、居心地の良い空気が流れるシェムリアップにぜひ来てください!

 

ぼくの経営するゲストハウスとブティックホテルは下記です。

The City Premium Guest House 【シティプレミアムゲストハウス】 カンボジアシェムリアップのオアシス

サマティカ ヴィラ ブティック (カンボジア シェムリアップ) - Booking.com

どちらもよろしくお願いします。

お客さんもインターンも募集中です!

屋台が始まったらお手伝いさんも募集。

一緒に海外ビジネスの共有をしましょう。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村