ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

台北から墾丁(ケイティン)まで新幹線とバスを使っての行き方。

現在は台湾南部のリゾート地、墾丁(ケイティンと呼びます)に来ています。

台北ではほとんど観光せずに、考え事してました。街歩きしながら。 

考え事したり、頭の整理するのは散歩がベストですよね。

東京グローバル散歩 (身近なところから世界を感じる東京歩き)

 

Twitterもやってます。

 

台北に3日間、 墾丁も3日間の滞在。

墾丁は台湾屈指のリゾートということでやってきました。

 

行き方はバスと新幹線があります。

今回は時間がもったいないので、新幹線にしました。

新幹線のチケットはどこで買う?

まずはMRTで台北駅に向かいましょう。

そしてMRTの出口にHSR高鐵という表示を目指す。

出口はB3。

f:id:shinpsonkun:20160828232434j:plain

B3出て左手にチケットカウンターがある。

自販機でも購入できるけど、対面の方が安心できるのでカウンターに行った。

f:id:shinpsonkun:20160828235707j:plain

台湾の新幹線は日本のと同じように普通車とグリーン車に相当するビジネスクラスがあって、ぼくはこういうときは話のネタになるよう「いっちゃんえーやつちょうだい」と言う癖があるから、ビジネスクラスに乗った。

最終の高雄駅まで片道1,950NT$(6,600円ほど)だった。

f:id:shinpsonkun:20160829000038j:plain

高雄の駅名は左營です。カオションまで、と伝えればOK。

チケットには到着時間、乗る車両番号、座席が載ってます。

f:id:shinpsonkun:20160829000813j:plain

新幹線のビジネスクラスってどんな感じ?

ほぼ2時間の車中の旅。

日本の新幹線技術が投入されていて、見た目もソックリ。

f:id:shinpsonkun:20160829003324j:plain

車内はこんな感じ。

f:id:shinpsonkun:20160829003232j:plain

ビジネスクラスだから広々。

マフィンみたいなのもらった。

それとドリンクも。コーヒーおかわり自由。

f:id:shinpsonkun:20160829003424j:plain

車内を見渡すと台湾人のほとんどが駅弁を買って食べていた。

日本と変わらんなぁ。日本より駅弁率は高い。

USBポートもあったよ。

f:id:shinpsonkun:20160829003707j:plain

台北市内は雨だったので、しばらくは車窓からの眺めはどんよりとした雨空。

f:id:shinpsonkun:20160829003757j:plain

ビジネスクラスで隣の席だった台湾人の会社経営している社長さんと。

f:id:shinpsonkun:20160829004042j:plain

英語むちゃくちゃ上手だったわ。

物腰も柔らかいし、器の大きい人って偉そうにしないし、人当たりがすごく良い。

そして予定通り2時間で到着。

f:id:shinpsonkun:20160829004000j:plain

高雄駅からバスで墾丁へ。

改札出たら墾丁行きのバスを探しましょう。出口2です。

f:id:shinpsonkun:20160829004148j:plain

墾丁快速と書いてある。

f:id:shinpsonkun:20160829004248j:plain

すぐにバスチケットカウンターがあって、そこでケンティンまで往復を購入。

f:id:shinpsonkun:20160829004349j:plain

往復で600NT$(2,000円くらい)でした。

f:id:shinpsonkun:20160829004456j:plain

チケットカウンターの女性が1番のバスよと言いながら、チケットをくれた。そしてエスカレーターで下に降りる。

すぐに目的のバス発見。

f:id:shinpsonkun:20160829004629j:plain

ポーズを決め決めの台湾人。

f:id:shinpsonkun:20160829004732j:plain

このバスでこれまた2時間の旅。

すると墾丁に到着〜。

墾丁の街並みをどうぞ。

ぼくが予約したホテルはビーチの近くじゃなく、Henchung Townにある。

ビーチまではバイクで15分ほどだって。

f:id:shinpsonkun:20160829005330j:plain

f:id:shinpsonkun:20160829005400j:plain

街並みは下町風情がある落ち着いた印象。

マジ落ち着ける。

 

まとめ

新幹線は日本のそれとほぼ同じ。

シーズンじゃない限り、普通席でも座れるみたいです。

とても快適で問題なし。

高雄の駅からのバスの乗り換えも簡単で、トータル4時間ほどで墾丁到着です。

街中のホテルでもいいし、もちろんリゾートの雰囲気を堪能したいならビーチ沿いのホテルをどうぞ。

ビーチ沿いに行く場合は終点から1つ手前の南湾で降りてください。

ぼくはこの後フィリピンのボラカイ島に行くので、あえてビーチ沿いじゃなく、街中のホテルを予約した。

墾丁での移動はバイクが便利みたいなので、国際免許忘れずに取得してきてくださいねー!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村