読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

【必見】節約バックパッカーでも楽しめるボラカイ島オススメの安宿・ホステルの紹介

東南アジアNo.1のリゾートとしても有名なフィリピンのボラカイ島。

でもなぜか日本人旅行者は少ないです。

リゾートといえば高級ホテルをイメージしてしまうからでしょうか。

たしかにボラカイ島はフィリピンでも一番物価が高いエリアです。

ホテルも同様で高いです。

例えば5つ星のシャングリラでは1泊5万円以上します。

ホワイトビーチ沿いのそこそこ良いホテルでも1泊1万円は軽く超えてきます。

f:id:shinpsonkun:20160201014726j:plain

ホテルの部屋からこんな真っ青な海が見えるんです。テンション上がりますよね。

夕焼けはこんな感じ。

f:id:shinpsonkun:20160201014837j:plain

こんな景色見てみたくないですか?

それも出来るだけお金をかけずに。

そこで調べてきました。

ボラカイ島で節約バックパッカーでも楽しめるようにお安いホステルをここで紹介します。

1.ザ レイジー ドッグ ベッド & ブレイクファースト (The Lazy Dog Bed & Breakfast)

f:id:shinpsonkun:20160201020002j:plain

f:id:shinpsonkun:20160201015912j:plainドミトリーで1,500円くらい。

部屋はシンプルですがおしゃれです。

ベッドの感覚が近いので、気になる方にはオススメできません。

とても可愛いゴールデンレトリーバーがいます。犬好きはぜひ。

共有スペースは外にあって開放感はありますが、暑い日は厳しいかもしれません。

ホワイトビーチまで徒歩7分ほど。少し奥まった場所にあります。

レイジー ドッグ ベッド & ブレックファーストの空室と料金チェック

 

2.MNL ビーチ ホステル ボラカイ (MNL Beach Hostel Boracay)

f:id:shinpsonkun:20160201020557j:plain

f:id:shinpsonkun:20160201020626j:plain

マニラにも支店のあるホステルです。

ドミトリーでこちらも1,500円ほど。

良い点はドミトリーのベッドがプライベートな空間を保てるような作りになっている点です。カプセルホテルっぽいです。

ちょっと部屋が狭いので大きな荷物を持っている旅人には厳しそうです。

あと屋上が気持ち良いです。

f:id:shinpsonkun:20160201021005j:plain

眺めも良いし、人工芝があって寝転んでも気持ち良さそう。

気になった点は部屋ではWiFiが繋がらないところです。

MNL ボラカイ ビーチ ホステルの空室と料金チェック

 

3.YB ホステル (YB Hostel)

f:id:shinpsonkun:20160201021501j:plain

そして最後にこちらYB Hostelです。イチオシです。

韓国人経営の新しいホステル。

まあ写真を見てください。

f:id:shinpsonkun:20160201021604j:plain

f:id:shinpsonkun:20160201021633j:plain

f:id:shinpsonkun:20160201021706j:plain

ここもドミトリーで1,500円ほど。

ベッド以外のスペースも十分確保されていて圧迫感はないです。

ハッピーアワーが6pm~10pmまであって、ビールかアイスティーが無料です。

しかもドミトリーでも朝食付きです。

共有スペースも広く清潔感があり、とても快適に過ごせそうです。

ここが一番ホワイトビーチに近かったです(徒歩2分)。

 

3つとも清潔で安いというメリットがありますが、その中でも3つめのYB ホステルをぼくはオススメしたいです。

ただ人気宿なので直前ではドミトリーが満室のことが多いようです。

YB ホステルの空室と料金チェック

 

まとめ

リゾートというとどうしてもホテルも高いというイメージが先行してしまうかもしれません。

ただ宿泊代を上記のようにドミトリーを利用することによって節約し、リゾートを楽しむという選択肢もあります。

ボラカイ島は物価が高いとはいえ、アメリカやヨーロッパではなくここはフィリピンです。

ローカルのお店でご飯を食べると、1食100円ほどで済ますことも可能です。

宿泊代1,500円、食費1,000円程度で1日2,500円ほどで過ごせます。

綺麗な海、青い空が広がっているだけでも財産で、そこに身を置くだけでもリゾート気分は味わえます。

こんなに素敵なリゾート地が日本からほどほど近い場所にあります。

飛行機の乗り換えと空港からボートを乗り継いで行く、と少し面倒というか難しく感じるかもしれませんが、行く価値は必ずあります。

見事なまでの景観と、フィリピン人特有の底抜けの明るさに日常の疲れもすぐに吹っ飛ぶこと間違いなしです。

日が明るいうちは海で遊び、日が暮れてからは島全体が音楽に包まれるこの島にぜひ遊びに行ってみてください!

 

 

応援クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ
にほんブログ村