ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

11月11日 タイ 再バンコク1日目

シェムリアップ行きを考え直し、バンコク滞在延長を決めた。

朝ゆっくりロビーで寛いでいると、3HOWWホステルのオーナーが話しかけてきた。このホステルの経緯や、将来日本にもホステル出したいということなど。タイ人の中でも身なりはきっちりしているし、さすが実業家と思わせる物腰で素敵な印象だった。

昼からサイアムパラゴンのフードコートへ。タイのショッピングモールにはフードコートがたいていあり、だいたい100バーツ(約350円)以下でオーダーできる。

フードコートではカウンターでいくらか払い、その金額が入ったカードをもらってフードコートの各お店で支払いをする。金額が余ったら最後に再度カウンターに行き、その分の現金を受け取る仕組み。

今回はカオマンガイとミネラルウオーターできっちり100バーツだった。

カオマンガイ

その後ブラブラして近くのHollys Coffeへ。

Hollys Coffe

24HオープンでWi-Fiフリーだったので。でもWi-Fi弱すぎて仕事にならず、30分くらいでホステルに戻った。

現在のタイは物価高と円安の影響で、例えばこのカフェでもドリンクとケーキで700円くらいした。日本のドトールでもそれくらいの値段でオーダーできることを考えると何とも言えない気持ちになる。さらに円安が進み、タイの物価も上昇していくと、日本で生活する方がお金がかかるんじゃないだろうか。カフェに学生がいたりして、若いタイ人のライフスタイルも変わってきている。お金もちが増えたんだろう。反対に日本ではお金ない人が増えてきている。

タイでは(他の多くの東南アジアがそうであるように)物価の上昇と賃金の上昇を受けて消費意欲が盛んで、日本とのギャップを感じるところ。

海外でも最近の日本人旅行者はお金を切り詰めるだけ切り詰めて旅をしている人がほんとうに多い。日本人以外のアジアの旅行者は旅した国に比較的お金を落としていくんだけど。

さて、バンコクに来てまだカオサンに行ってないから明日あたり行ってみようと思う。

クリックお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


海外旅行(アジア) ブログランキングへ