ノースキルでカンボジアで起業!

ほとんどスキル・人脈を持たなかったのに、カンボジアでゲストハウス「The City PremiumGguest House」とブティックホテル「Samatika Villa Boutique Hotel」を始めました。その起業日記です。まだまだいろんな海外ビジネスにチャレンジ中。一緒にやりませんか?

10月9日 ゲストハウスの日常 新しいツアーを企画中

こんにちは。先ほどスコールで大変でした。もう雨季は終わりかけなんだけど、時々スコールにあうのでまだまだ油断なりません。

先ほどウォークインで3人組がやって来てくれました。以前宿泊してくれたゲストの紹介です。口コミ効果はすごいです。それだけうちのゲストハウスを気に入ってくれたってことで嬉しいです☆

 

今日も暇です。マレーシア人カップルがツインに、長期滞在者の2人がツイン、そしてドミトリーに5人宿泊してます。

ローシズンだから仕方ないですけどね。

 

暇を利用して新しいツアーを考えてました。シェムリアップに来る目的ってやっぱりアンコールワットじゃないですか。アンコール遺跡群、ベンメリア、プレアビヒアの3つが日本人旅行者がよく行く場所です。ベンメリアは中国人と日本人しか行かないし、プレアビヒアは日本人しか行かないです。ほんとうに。それだけ日本人旅行者に浸透してるスポットです。

で、それ以外にもシェムリアップで見てもらいたい場所はあるんです。

カンボジアの田舎を感じてほしいんですよね。とても良いから。むちゃくちゃ素晴らしい景色が広がってます。

f:id:shinpsonkun:20141009195400j:plain

f:id:shinpsonkun:20141009195421j:plain

ね?素晴らしいでしょ。日本では見れない景色が広がってます。

f:id:shinpsonkun:20141009195526j:plain

トゥクトゥクで走っていると、途中途中でカンボジア人の多くの人が生活する現状を目の当たりにします。1ヶ月60ドルくらいの生活の人々です。

そういうのを自分の目で見ると何かしら感じるものはあると思う。

いかに日本人は恵まれているのか(生活水準の話)。でもその日本でたくさんの不満を持ちながら生活している自分がいる。どうして不満なのか。どうやったら解決するのか。何が手に入ったら幸せなのか。生活水準が高い=幸せ、ではないということを田舎に住むカンボジア人を見て感じるはずです。だってみんな笑顔なんですもん。楽しそうに生きてるんですもん。

そりゃぼくには分からない苦労や大変さって彼らにもあると思うんですよ。でも、みんなイキイキしてるんです。イキイキした笑顔で生きてるか、暇でハンモックに揺られながら寝てるかのどっちかですw

 

ぼくはそういったカンボジア人のライフスタイルを見てもらいたくてオリジナルツアーに出来ないかを考えていました。

それがだんだんと形になりつつあります。

大手のツアー会社では出来ないような田舎のカンボジアライフに触れるツアー。

超格安でツアーを組みたいと思います。

アンコールワット観光しかやらないような旅じゃなく、やっぱり現地の人との交流や田舎を巡るツアーの魅力って、世界遺産にも負けないと思うんです。

だって、実際にぼくがカンボジアに惚れ込んだのがカンボジアの田舎の風景とカンボジア人の人柄なんですから。

 

D22 地球の歩き方 アンコールワットとカンボジア 2014 (ガイドブック)

 

クリックを!クリックを! 

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村


海外旅行(アジア) ブログランキングへ